私のセフレの考え

セフレはお互いがセックスを楽しむための関係ですが、男性にとっては恋人でもない女性とセックスだけが楽しめるという点から「男性のため」の関係のような印象があるようです。
しかし、近頃は肉食系女子の進出により却って女性が大いに関係を楽しんでいる様子も珍しくありません。
また、ひとりの男性が複数のセフレと付き合っているといったイメージも少なくないようですが、私は逆に現在3人のセフレ男性と楽しんでいます。
そもそも男性は一晩にできるセックスの回数はある程度限られますから、たくさんのセフレと付き合うのも限度があります。
ところが女性は1回のセックスで何度でも満足できるので、極端な話一晩に二人や三人を相手にすることも可能なんですよね。
だからセフレというのは本当は女性に有利な関係なんじゃないかとも思っています。
セフレをするにおいては、性感染症と避妊は十分に注意をしています。
その点相手の男性たちも理解してくれているので助かります。
ただ、世間ではまだまだセフレに対しては否定的な考えを持つ人のほうが多く、女友だちのひとりは私がセフレをしていることを知ると「汚らわしい」と私のもとを去っていきました。
でも誰かに迷惑を掛けたり傷つけたりしないのであれば、セフレは自分自身の欲望を発散させる方法のひとつだと認められてもいいのではないでしょうか。

こんな男には要注意

セフレって、世の中の多くの男性の憧れというじゃないですか。
恋人として付き合うのじゃなくセックスだけを楽しむ相手、そんな女性を求めている男性はたくさんいるようです。
そんな男性なんて女性の私からすれば許せないわけですが、まさか自分がそういった状況になるとは思ってもいませんでした。
というのも、2年間付き合った元カレからある日言われたんです。
元カレとは合コンで知り合って私自身はうまくいっているつもりだったんですが、ある日、急に「仕事が忙しくなったんで別れよう」と言われたんです。
私としては全く想定外の出来事にパニックになって、別れたくないと泣いて説得しようとしました。
すると元カレがこう言ったんです、「セフレとしてならこれからも付き合ってもいいよ」って。
私はその言葉にショックを受けましたが、とにかく彼を失いたくないという思いから思わずうなずいてしまいました。
その後しばらく元カレとは週に1回くらい連絡があれば出掛けて行ってホテルでセックスをするということが続きました。
けれどもある日、実は元カレは新しい恋人ができたので私と別れたいといったことがわかったんです。
さすがに私もキレてすぐにセフレも解消しましたが、皆さんもこんな最悪男に引っかからないように気を付けるようにしましょうね。